輸出抹消登録

抹消登録制度の改正によって、2005年(平成17年)以降、船積み予定の中古車(大型特殊自動車及び被牽引車を除く)は輸出抹消登録の手続きが必要になりました。中古車を輸出する際は、各地の運輸支局等(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)において、輸出抹消仮登録証明書(一時抹消登録していない車両)または輸出予定届出証明書(一時抹消登録している車両)の交付を受ける必要があります。

中古車を輸出しようとする場合、中古車の所有者は事前に輸出抹消仮登録(輸出予定届出)を運輸支局等に申請し、輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書)の交付を受けます。この証明書(輸出予定日6ヶ月前から申請・届出可)の有効期間は輸出予定日までで、原本を税関に提出して通関を行うことになります。

通関後、国土交通省は、輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書)の交付を受けた中古車について、税関から輸出許可情報の確認がとれた場合に、正式に「輸出抹消登録」を行います。輸出抹消登録を行う場合、自動車リサイクル料金の還付を受けられます(【輸出通関手続き】 6 参照)。自動車リサイクル料金は、車両を解体する際に生じる廃棄物の処理費用に充てられるため、海外に輸出する場合はその料金が不要となるためです。

輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書)の有効期間は輸出予定日までですので、もしこの有効期間内に輸出せず有効期限が切れた場合は、この証明書を15日以内に運輸支局等に返納しなければなりません。輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書)の返納があった場合には、当該中古車の一時抹消登録証明書が交付されます。

Seiko Watch Online Shop

浦安市の中古車仲介専門店 車の高値売却 ニュープラントレーディング

輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書) 交付・返納の必要書類

【輸出抹消仮登録証明書 交付の必要書類】

・申請書「OCRシート第3号様式の2」(輸出予定日を申請書に記入)
・手数料納付書(手数料350円)
・自動車検査証
・ナンバープレート
・印鑑証明書(自動車検査証に記載されている所有者のもので、発行後3ヶ月以内のもの)
・印鑑(所有者本人が直接申請する場合は、印鑑証明の印鑑(実印))
・委任状(印鑑は所有者の実印を押印)・・・代理人に申請を依頼する場合
・自動車検査証の記載内容から現在までの変更内容が確認できる書面(住民票・住民票の除票・戸籍謄(抄)本・商業登記
 簿謄(抄)本、等(発行後3ヶ月以内のもの))・・・所有者の氏名・名称または住所に変更がある場合 ※変更登録の手続き
 が必要


【輸出予定届出証明書 交付の必要書類】

・届出書「OCRシート第3号様式の2」(輸出予定日を届出書に記入)
・手数料納付書(手数料350円)
・登録識別情報等通知書(一時抹消登録証明書)
・委任状(印鑑は所有者の実印を押印)・・・代理人に届出を依頼する場合
・登録識別情報等通知書(一時抹消登録証明書)の記載内容から現在までの変更内容が確認できる書面(住民票・住民票
 の除票・戸籍謄(抄)本・商業登記簿謄(抄)本、等(発行後3ヶ月以内のもの))・・・所有者の氏名・名称または住所に変更
 がある場合 ※変更登録の手続きが必要
・(1)譲渡証明書
・(2)新所有者の住所を証する書面(住民票または印鑑証明書・・・個人、商業登記簿謄本または印鑑証明書・・・法人(発行
 後3ヶ月以内のもの))・・・所有者の変更があった場合 ※変更登録の手続きが必要


【輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書) 返納の必要書類】

・届出書「OCRシート第3号様式の2」(所有者の署名または記名、押印が必要。所有者の印鑑を押印した委任状でも可)
・手数料納付書(手数料350円)
・輸出抹消仮登録証明書(輸出予定届出証明書)


【OCRシート第3号様式の2】

OCRシート第3号様式の2

このページの先頭へ

イメージ画像